プロジェクト

テクノ未来塾ロゴ
  • トップページ
  • 組織概要
  • フォーラム
  • プロジェクト
  • コラム
  • お問合せ

早稲田大学浅川研究室 とのコラボ

第150回特別フォーラムにて、パネルディスカッション+ワールドカフェ形式の討論を実施
テーマ:「エンジニアが企業で働くとは」
開催時期:2013年11月 早大理工(東京)
参加者 テクノ未来塾 16名
早大生 28名

開催報告

 テクノ未来塾に参加している企業のエンジニアが、若い世代にエンジニアという仕事の素晴らしさを、自分の経験を基に語る『エンジニアという職業を語ろう』プロジェクトが始動しました。このプロジェクトは、一方通行の情報発信型ではなく、双発的な気づきを提供するプロジェクトです。
 早稲田大学では、パネルディスカッションと会場を巻き込んだ質疑応答、ワールドカフェでの対話、それぞれの『場』において、学生の真剣な疑問・質問に、テクノ未来塾塾生が真摯に、時には自分の過去を走馬灯のように思い出しながら答えました。そして、さらには、気づきを促すような深堀の質問を学生に投げかけ、今度は、学生が積極的に考え、発言しました。

参加者の感想

パネリスト)

 「今までの失敗と得られた教訓」は、どんなことですか?
 パネルディスカッションで会場の学生さんからでた質問です。具体的な失敗談から、「失敗しても会社では基本的に怒られない」「失敗って結局役立つから失敗ではない」など、パネリストの実体験を基に色々な回答があり、また、学生さんの積極的な姿勢や、感度の良さ、吸収力、応用力に触れ、とても刺激的な、素晴らしい機会になりました。
学生)

 パネルディスカッションではまさに普段不安・疑問に思っている内容について講演していただき、働くイメージができました。一方ワールドカフェでは、将来について、そもそも働くとは何かといった日頃あまり考えていないテーマで討論をさせていただき、自分の考えの軸は何かを思い返すことができ、とても有意義な時間でした。

ワールドカフェ風景


ワールドカフェ発表

Copyright (C) テクノ未来塾